カテゴリー別アーカイブ: 銀行系

定年退職したら何社までカードローン契約可能か

定年退職 カードローン 契約

定年退職した方は、給与収入から年金収入に変わります。

それにより年収は減額して、カードローンの借入額も少なくなります。

具体的に何社まで契約可能かというと、2社で借りられれば多いほうです。

一般的には1社ですが、借りられないこともあります。

カードローンの利用条件の基本は、20歳以上で安定収入があることです。

安定収入の部分については、業者により見解が異なってきます。

年金収入を安定収入とみなす業者もあれば、みなさない業者もあるのです。

定年退職後にカードローン契約をするならば、必ずWEBサイトでローン概要をチェックしましょう。

この際、借入上限となる年齢も確認する必要があります。

上限年齢は65歳前後になっていることが多いですが、ローンによっては60歳未満としています。

年齢条件で引っかかれば借りることはできないのです。

年齢の問題をクリアしており、かつ年金受給者に対応したローンを選ぶ必要があります。

年金が安定収入に該当するかどうかは、実際に金融機関に問い合せて確認しましょう。

定年退職者 銀行系カードローン

定年退職者でも銀行系カードローンは借りられるか?
定年退職後に第二の人生を送るため、退職金だけでは足りない費用を、カードローンで賄おうと考える方は少なくありません。

会社を辞めると、収入がなくなりますが、年金収入があるので、ローン会社によっては借入できるところもあります。

しかし銀行系のカードローンは審査がかなり厳しいことで知られているため、定年退職者はいくら年金収入があっても、無収入扱いするところがほとんどです。

それに各社によって年齢制限がありますから、その年齢を超えている場合は、カードローンの利用は出来ないと考えた方がよいでしょう。

ただし銀行系とは違い、消費者金融系の場合は、年金収入があれば貸してくれるところもあるので、自分のケースはどうなのかがわからないときは、直接電話やお問い合わせフォームで尋ねるようにしてください。

年金以外にも家賃収入などがある場合は、カードローンの利用が認められることもあるので、まずはそれぞれのローン会社の利用規約をよく読み、わからないときは問い合わせるようにしましょう。