親せきからお金借りるときの拝借書の書き方において

親類といういえども、お金借りる場合は借金書を作成するのは当たり前のことです。身近な親類だからこそ、お金の貸し借りはきちんとしておかなければいけません。その後の交流にも影響しますので、お金を借りる場合にはしっかりとした借金書を作っておきましょう。
一般的な借金書の書き方ですが、法的な効果をちゃんと持たせたいのであれば、えんぴつなど簡単にかき治せるもので作成するのはだめ。当然端末などで作成してもかまいませんが、署名は自書で行うことが必要です。当然ながら押印も必要になります。
またことごとく契約を交わした日、つまりお金を貸した日付を記入することも重要です。日付は利回りの算段や時効の起算日を知るうえで重要になりますので、きっちり記入しなければいけません。さらに額の記入は漢枚数でおこないます。これは額の曲筆を防ぐうえで大切なことになります。なお消費対策や消費日はもちろん、利子や後れ損料金の費用が決定している場合もその旨を記載しておくことが重要です。お金借りる際はこれらのことに気をつけて、しっかりとした成約書を交わしておきましょう。